でんき予報

※ただしイケメンに限る
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年5月に作成された記事

2015年5月20日 (水)

大阪都構想住民投票を振り返って

昨日の記事でこんなこと書いてました。

市内の区別賛否の状況をさーっと言うと、概ね大阪市でも大阪湾側の「西側」と大和川や堺市側に面している「南側」の区の反対票が多かったようです。特に平野区では反対票が賛成票よりも1万票以上差をつけていたとのこと。

世代別では、圧倒的に70歳代以上の世代が反対に票を投じていた様子。テレビの速報番組では、これを「市議会反対派層による高齢者向けサービスの低下を訴えた結果」とのこと。
 
つまり、
 
どちらかと言うと、今回の住民投票の結果は、「文化レベルの低い層が漠然とした不安感を煽られた結果」ということと、「そういった層に上手く政治活動した反対派層の政治手腕」、この2者が功を奏した結果なのではないでしょうか。

こういうことですね。↓

Image1

見事なまでの...ほら、アレwww

ココ見てる人で大阪市のことを知らない人のために触れておきますと、要はこの赤色のエリアってのは...ほら、何となく呼吸感でわかるでしょ?www

あと、まさしくこれこそ「THE 老害」て感じの世代別賛否。60代以降の人間は、目先のことしか考えられなかったんでしょうね。子どもや孫、そういった自分の子孫の未来なんてどうでもよかったんですね、わかります。

今の自分こそ一番大事ですもんね。身内であろうがなかろうが、自分さえ良ければいいんですもんね、そりゃ敬老パスなくなったらイヤでしょうし、「税金が上がるかもしれない」、「年金が減らされるかもしれない」、「敬老パスがなくなるかもしれない」という可能性を現実になると感じたんですから。イヤイヤほんと、「だろう」運転より「かもしれない」運転が危険回避には効果的ですもんねわかりますwwwwwwwwwww

 

 

橋下氏はこう言いました。

「民主主義はすばらしい。大阪の民主主義は進歩した」と。

今回は投票率も相当高かったし、民意を諮るには投票率・投票数が多ければ多いほど最終民意に近い。なので今回はその言葉とおり、進歩したと言ってもいい。なぜなら投票は高かったんですから。

そりゃ進歩、ですわな。
但しとてつもなく辛辣であり、最も当り障りのない「皮肉」に他ならんでしょうコレ。但し皮肉というか、本心は反対した全ての大阪市民に対して「お前ら真性アホ」と言ってるようなもんで。

でもこれが民意なんですよね(笑)
恥ずかしくて大阪市民なんてなりたくないです。死んだ方がマシwww
ならないけど。

最後に。
投票に行かんかった率がおよそ33%らしいけど、行かんかったヤツ今すぐ市ね。あと他人に示唆されて反対票投じたヤツも氏ね。権利があるのに放棄するような人間、及び自分の意思表示を他人任せにするような人間には生きる価値は全くない。地球上無駄な生物であり害虫に匹敵する。

2015年5月18日 (月)

大阪都構想の住民投票結果

20150517160643sdopfi1

正確には「特別区設置住民投票」と呼ばれる、大阪市を5つの特別区に再編成する是非を問う住民投票が平成27年5月17日に行われました。
結果は、
  • 賛成 694,844票
  • 反対 705,585票
ということで「反対」がマジョリティとなった結果となりました。その票差わずか10,741票。有効投票数1,400,429票に対してわずか0.77%の差で大阪都構想が崩れてしまいました。
市内の区別賛否の状況をさーっと言うと、概ね大阪市でも大阪湾側の「西側」と大和川や堺市側に面している「南側」の区の反対票が多かったようです。特に平野区では反対票が賛成票よりも1万票以上差をつけていたとのこと。
世代別では、圧倒的に70歳代以上の世代が反対に票を投じていた様子。テレビの速報番組では、これを「市議会反対派層による高齢者向けサービスの低下を訴えた結果」とのこと。
 
つまり、
 
どちらかと言うと、今回の住民投票の結果は、「文化レベルの低い層が漠然とした不安感を煽られた結果」ということと、「そういった層に上手く政治活動した反対派層の政治手腕」、この2者が功を奏した結果なのではないでしょうか。まあこの結果を見て、大阪(大阪市)ってのは、個人的にはよくネットで言われる「大阪民国」という言葉がよく当てはまると思います。まああんましいい未来はないでしょうね。
 
今回の結果を反対派層、現大阪市議会がどのように受け止めるか。
ほっと胸を撫で下ろすのか、およそ2人に1人が都構想に賛成していたという事実をどう考えるのか、またこのまま既得権益にしがみつける安心感を得たのか。何にせよ、今回の結果は1つの結果です。勝ち負けではなく「民意」です。2つに1つということではなくてね。
 
所謂「大阪都構想」で大阪府市の効率化は実現できなくなりましたが、今後は既存の体制を基軸に、大阪府市の無駄の撤廃、よりよい効率化、そして府市ともに途方も無い赤字をどのように黒字へ転換させるのか、その政治手腕が問われます、現市政・現県政でね。正直見ものです。
 
できなかったらどうするんでしょうね?
 
 

2015年5月12日 (火)

大阪都構想について思うこと

D1820685s

大阪市では、維新の会以外の野党がこぞって「大阪都反対!」、「橋下に騙されるな!」と躍起になっています。野党は5月17日の住民投票を前に、

  • よくわからなかったら反対して下さい。
  • 大阪市は大阪府と無駄な競争なんてしていない
  • 橋下氏は嘘つきだ
  • 印象だけで決めないで下さい。
みたいなこと書いたハガキを大阪市民に送りつけているそうです。
「よくわからなかったら反対して下さい」
って...
お前ら市民を思いっきりバカにしてるやろwww
維新の会側も、橋下氏の肉声録音テープを流す無作為電話もやってるみたいですが、こっちも不審感大きい感じです。
 
 
まあそんなネガティブキャンペーン対ネガティブキャンペーンの様体はさておき、
実際大阪都構想ってどうなん?と色々自分自身で思うように、客観性を持たせて調べてみました。その結果だけを言いますと、
  • メリットは十分に感じ取れ、実感できそう
  • よく言われるデメリットというものに、あまり現実味を感じ取れない
といった印象でした。
個人的には大阪都構想というものに対し、反対する理由は殆ど感じられません。これが率直な印象です。細かいことは各自で調べるように。(^^ゞ
 
それよりも、維新の会以外の野党が熱烈に、また特にこの時期に非常に目立っている感があるのは何故なんでしょう?
 
別に今に始まった話じゃないんでしょうが、この大阪都構想という発想が生まれてから維新の会以外の野党が感情論的な印象に近いイメージで露骨に反対論を訴えている割には対案もない。大阪市の未来を考えているようにも感じ取れない。
 
その理由は1つ。
更に大阪都構想にこぞって反対する理由も同じだと思います。
 
それは今までの大阪市議連が、
 
「今まで問題を放置していたことに明確な根拠付けをされるのがイヤだ。」
 
これに尽きるんじゃない?
 
大阪市が特別区になって、仮に、一言で言うと、成功した暁にゃ、維新の会以外の野党は今まで税金貪ってテキトーに議会開いて、根本的な問題点を解決させないまま「よきに計らえ」で済ましてきたことを責められるのがイヤなんでしょう。そして飯の種の「利権」が市議会消滅になって居場所も飯の種もなくなることに危機感を覚えている他なりませんな。仮に特別区が実現すれば、今まで市議会員だった人間は、上記までに述べてきた理由で再選なんてほぼありえないでしょうしねcoldsweats01
 
そりゃ反対派は必死に「反対!」を訴えるわなwww
保身のために。
 
逆に考えれば、保身を考えなければならないぐらいに、大阪都構想に現実味があるってことじゃないんでしょうかね?

« 2014年10月 | トップページ | 2015年8月 »