でんき予報

※ただしイケメンに限る
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« やっちまった... | トップページ | おそロシアⅡ »

2011年1月23日 (日)

認定介護福祉士

介護福祉士:上級職を新設へ 厚労省
http://tinyurl.com/4e4wfgb

(元記事:http://mainichi.jp/life/today/news/20110121k0000m040114000c.html

介護福祉士:上級職を新設へ 厚労省

ということで、いか様が思ったこと。

  • 導入時期未定となっているが、話だけ持ち上げて立ち消えしませんか?前にもこんな話あったと思いますけど。
  • 国家資格なのに低賃金な状況を打破するために、認定介護福祉士の設定が有効かどうかはいささか疑問。
  • 上位資格の設定よりも、現況を充実させるほうが短期的に有益だと思う。
  • そして、社会福祉士は置いてけ堀www

認定介護福祉士はまーいいとして。だいぶ前に厚労省がホームヘルパーは全て介護福祉士へ移行させるとか、ホームヘルパーと介護福祉士の間に「准介護福祉士」みたいな資格作るとか言ってたような気がするのは、いか様の思い違いでしょうか。

で、介護福祉士の上位資格として認定介護福祉士を設けるのはいいんですけど、彼らの労働条件・状況や賃金改善を謳うのであれば、当然ながら介護報酬や事業者指導等を絡めた話になるんでしょうかね?結局は財源がないと賃金問題は改善されないし、従事する事業者での賃金設定や労働環境の指導・整備も並行してやらないと何も変わらないような気もします。とどのつまり、労働者に賃金を支払うのは雇用者ですから。
雇用者が「認定介護福祉士?ナニソレ?」と言ってしまえば結局は何も変わりませんので。

また、わざわざ「認定介護福祉士」なんての作ろうとするって、ホンマに必要なことなん?その専門性と地位を高めるなら、現状の介護福祉士制度の拡充を行うことが行政負担も少ないのではないかと思われますが、何か他に意図でもあるんでしょうか。例えば性懲りもなく天下り機関作りたいからとか、それに関連した資格商法的収入確保を意図してるのか、とか。いかんせん今までの役人の行動みてたら、そういうこと疑われても仕方ないかと思いますけど、どうなん実際わ?

そして、まー仕方ないっちゃ仕方ないかと思いますが...
広く介護業界で働いてる国家資格の人って、介護福祉士だけじゃないんですけどね。とにかく国家資格としての「社会福祉士」の体たらくっぷりを、何とか改善してくれよ。未だに社会的認知度も低いし、他人に社会福祉士のことを説明してもなかなか理解してもらえないし...
世間的・世論的に介護業界っつったら、みなさん真っ先に思い浮かべるのが実務としての「介護」業務でしょう?各種メディアはかなり偏重な報道してるから致し方ないけど、介護業界を語れば99%に近いくらいの勢いで、実務としての「介護」だけを電波に乗せたり記事にしたりするでしょう?(医療業界でも医者と看護師の話題ばっかりですけどねcatface) おかげさまで社会福祉士はとっても肩身が狭い思いをさせられてますがな。

と、突込みどころ満載なんですが、どうなん厚労省のお方々?
とりあえずこの記事にコメントくれ厚労省の中の人。

« やっちまった... | トップページ | おそロシアⅡ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっちまった... | トップページ | おそロシアⅡ »